ハロウィンカルチャー、仙台の場合。

アーケードの前方から、白と黒の太いボーダーの女3人が歩いてきた。

全員明るい茶髪をくるんと巻いて、顔にはバイオレットの血のりメイクでバイオレンスな雰囲気。膝よりずっと上のぴたぴたのタイトワンピースを揃えて、お色気・自信共にたっぷりの囚人の装い。嗚呼、今日はハロウィンだ。

オトナが仮装をして、スクランブル交差点を練り歩く。日本の流行の中枢といえる渋谷の街にハロウィンの風が吹き出したのは、ここ数年の話。流行に対して仙台は慎重派で、全国に広く浸透してから「じゃぁそろそろウチも。」というタイプ。ハロウィンにしても例外ではない。

「お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ!」本来は、子どもたちがかぼちゃのランタンをぶら下げて、家々を回るハロウィン。仮装は、お色気より茶目っ気があってほしい。目のやり場に困る嘆きの「嗚呼」ではなく、可愛く驚かす「BOO!」なのだ。全国に秀でる仙台のハロウィンカルチャーを作るには、やっぱり茶目っ気のセンスを磨かねば。

WRITTEN BY
ピリオド
仙台育ち・仙台市在住。仙台の文化感度をあげるべく、アイディアを探す日々。 幼い頃は、西公園の中にあった市立図書館で『ちいさいおうち』を読むのが日課だった。 好きな場所は、宮城県美術館、天気がいい日の広瀬川河川敷。 さくさくのオーソドックスなドーナッツとブラックコーヒー、味わい深い映画があればハッピー。
POSTS
  • 環ROYの新曲『泉中央駅』
  • ここなら良いな、という場所を見つける
  • 仙台に会いにいく。
  • 追憶と踊りながら
  • 環ROYの様式に囚われないパフォーマンスの場所性と音楽への姿勢
  • TAGS