「tent」 Hitomi Ito

室内に人ひとり、または特徴のない場所の無人の風景をかくことが多いです。よくさみしい絵と言われます。人がいることで立ち上がりはじめる空間、感情の動きや物との関係性で変化する場のゆらぎを描きたいです。

伊藤眸  Hitomi Ito

1990年生まれ。東京都在住。東北芸術工科大学デザイン工学部建築・環境デザイン学科卒業後、せんだいメディアテークにて2年間勤務。現在は会社員をしつつ、イラストレーターとして活動しています。 web:hitomiito.com(準備中) instagram:hi__m

SEN.では、仙台にゆかりのあるアーティストやクリエイターの作品を紹介していきます。

WRITTEN BY
SEN.
仙台の文化の点を線でつなぐ、カルチャーマガジン“セン”。 仙台の文化的な場所やひと、アートなどにフォーカスし、仙台の良さ、仙台らしさを発信すべく、活動の場を広げている。SEN.のウェブメディアでは、仙台に携わる人それぞれの視点で切り取った情報を発信。異分野の人同士がトークを展開する、「点と点をつなぐインタビュー」も配信中。
POSTS
  • 環ROYの新曲『泉中央駅』
  • ここなら良いな、という場所を見つける
  • 仙台に会いにいく。
  • 追憶と踊りながら
  • 環ROYの様式に囚われないパフォーマンスの場所性と音楽への姿勢
  • TAGS