イラストレーター 安西水丸展

漫画、絵本、小説やエッセイの執筆、翻訳など、枠にとらわれることのない活動をし、多くの読者や文化人に愛されながら、2014年に逝去したイラストレーター、安西水丸の展覧会が仙台文学館で開催されている。仙台ならではのコーディネートで行われるイベントも必見だ。
以下 仙台文学館より転載

 


 

安西水丸は、1970年代より長年にわたり多方面で活躍したイラストレーターです。漫画、絵本、小説、やエッセイの執筆、俳句、翻訳など、枠にとらわれることのない多様な活動をしながらも、心には「イラストレーターであることへの誇り」を常に持ち続けていました。彼の作品の魅力は画面の要素をできる限り削ぎ落としながらも、柔らかくユーモアに溢れ、ときに優しく、ときに鋭く、みる者を魅了しました。
本展覧会では「小さい頃よりずっと絵を描くことが好きだった」と語る安西の幼少期から晩年に至るまでの足跡を、イラストレーションの作品を軸に辿ります。また、公私にわたり親しい間柄だった嵐山光三郎、村上春樹、和田誠、三氏との仕事も紹介いたします。ひとつの時代を風のように駆け抜けた安西水丸の作品展を是非ご覧ください。

 

会期:2017年4月28日(金)~6月25日(日)

休館日:月曜日、第4木曜日

観覧料:一般800円 高校生460円 小中学生230円(10名以上の団体各100円引)

主催:仙台文学館
監修:安西水丸事務所
協力:嵐山オフィス、村上事務所、和田誠事務所、東京イラストレーターズ・ソサエティ、SPACE YUI、クリエイションギャラリーG8(リクルートホールディングス)、book cafe火星の庭
企画協力:クレヴィス

展示関連イベント

①講演会「安西水丸さんのこと」

日時: 5月20日(土)13:30~14:30
講師: 嵐山光三郎(作家)
定員: 80名
会場: 仙台文学館2F講習室

 

②講演会「植物と作家~安西水丸さんの絵をはじめとして」

日時: 6月10日(土)13:30~14:30
講師: 佐伯一麦(作家)
定員: 80名
会場: 仙台文学館2F講習室
①②申込み方法
電話・FAXのいずれかで仙台文学館へ(FAXの場合は、イベント名・日時・名前・電話番号を明記してください)。定員になり次第受付を終了します。

 

③「仙台俳句ing~街ナカ吟行と『ガロ』のおはなし」

日時: 6月17日(土)13:00~16:00
講師: 渡部誠一郎(俳人)
定員: 10名(抽選)
会場: 仙台市中心部、book cafe火星の庭ほか
参加費: 1,000円(飲み物、お菓子つき)
申込み方法: 往復はがきにイベント名・住所・名前・電話番号(あればFAXも)記入の上、仙台文学館へ(一枚につき一名の申込み)。締切5月23日(火)必着

 

④「あなたの“安西水丸”を教えて下さい」

期間:会期中随時
内容:あなたのお気に入りの安西水丸さんの作品や、あなたの本棚にある安西水丸さんが装丁した本のタイトルなどを教えて下さい。
参加方法:館内に設置した用紙にタイトルとひとことコメントを書いてBOXへ。会期中館内に掲示します。

 

学芸員による展示解説

4月29日(土)10:30~11:30
6月24日(土)13:20~13:50

※申込み不要、特別観覧券をお求めの上、2階講習室へお集まりください。
※いただいた個人情報は、上記イベントのご連絡以外には使用しません。

 

お問い合わせ

仙台文学館 〒981-0902 仙台市青葉区北根2-7-1 ℡022-271-3020 FAX022-271-3044

 

仙台文学館    次回の展覧会

こども文学館えほんのひろば とよたかずひこの絵本世界
7月15日(土)~8月27日(日)

WRITTEN BY
SEN.
仙台の文化の点を線でつなぐ、カルチャーマガジン“セン”。 仙台の文化的な場所やひと、アートなどにフォーカスし、仙台の良さ、仙台らしさを発信すべく、活動の場を広げている。SEN.のウェブメディアでは、仙台に携わる人それぞれの視点で切り取った情報を発信。異分野の人同士がトークを展開する、「点と点をつなぐインタビュー」も配信中。
POSTS
  • 魔法のカット
  • 点と点をつなぐインタビューvol.2 アースデイ東北 × SEN. 「仙台で、アースデイは文化になるのか。」
  • Book! Book! Sendai 10th
  • 真夜中に始まる若者の大行列
  • ワインは瓶に入ったお刺身?
  • TAGS