360度ぐるっと黒板! 仙台の新しい場「RAKUGAKICHEN」創設中

定禅寺通りと国分町通りが交わるスクランブル交差点。

この交差点の角にある古いビルの、もともとサロンだったワンフロアを、今月、新しいスペースに生まれ変えようという動きが始まっている。

新しいスペースの名前は「RAKUGAKICHEN」。入り口のドアから奥の棚の中のすみずみまで、スペース一面「黒板」に生まれ変わる。

 

5月13日•14日の二日間、壁を塗るワークショップが行われ、SEN.のスタッフも参加してきた。

壁に塗るのは、乾くと黒板に変化する墨色の塗料。塗装ローラーとハケを使い、すべて手作業で塗っていく。

参加したこどもたちは好きな言葉や絵を自由に落書きしながら、大人達は童心に帰って手を動かす。

手や服が汚れてもへっちゃら。笑顔になるのが落書きの魔法だ。

「完成したら、壁一面に自由に落書き出来るようになります。キッチンスペースもあるので、みんなで美味しいものを作ったり出来るし、奥では映画も観られるようにする予定です。」

そう話してくれたのは「RAKUGAKICHEN」を手がけるメンバーの一人、宮城県を拠点にリノベーションを手がける「LIFE RECORD ARCHITECTS」の川上謙さん。

完成したスペースには、場所やジャンルを超えて活動するTOMOMI_Typeさんの落書きがお目見えし、ポジティブなメッセージでいっぱいになる。

「RAKUGAKICHEN」オープンは5月末頃の予定で、スペースは時間毎に借りることができる。

黒板にメッセージやアイディアを描き残せば、その点が誰かと繋がって線になるかも。

落書きのような気軽さで、今後の使い方を皆で考えたい。

WRITTEN BY
SEN.
仙台の文化の点を線でつなぐ、カルチャーマガジン“セン”。 仙台の文化的な場所やひと、アートなどにフォーカスし、仙台の良さ、仙台らしさを発信すべく、活動の場を広げている。SEN.のウェブメディアでは、仙台に携わる人それぞれの視点で切り取った情報を発信。異分野の人同士がトークを展開する、「点と点をつなぐインタビュー」も配信中。
POSTS
  • 点と点をつなぐインタビューvol.2 アースデイ東北 × SEN. 「仙台で、アースデイは文化になるのか。」
  • Book! Book! Sendai 10th
  • 真夜中に始まる若者の大行列
  • ワインは瓶に入ったお刺身?
  • 1TO2BLDG「この場所は自分たちのためにつくった場所ではない」〈後編〉
  • TAGS