ジェラートBRIOのエスプレッソの空き缶がシンセサイザーに

南町通りを東北大の正門の方向へ曲がったところにある、美味しいイタリアンジェラートのお店 BRIOから、エスプレッソの空き缶をもらった、Fablab SENDAI FLATのスタッフ大網拓真さん。

Fablab SENDAI FLAT といえば、レーザーカッターや3Dプリンターを完備し、欲しいものをどうやったら作れるか考える人を少しでも増やす、大人の工作室のような場所。

なんと、この空き缶で、シンセサイザーを作ったそうなのだ。

DRIP SEQUENCER from FabLab_SENDAI on Vimeo.

こんなに豊かな音色を奏でるとは!

いったいどうやって、エスプレッソの空き缶をシンセサイザーに変身させたの?続きはこちら、Fab lab SENDAI FLAT のスタッフブログをご覧あれ。

WRITTEN BY
モナカ
仙台生まれ。シビックプライドについて考えている、こけし似のクリエイター。青葉山から広瀬川、そして街までのグラデーションは、晴れの日も雨の日も愛おしい。
POSTS
  • 環ROYの様式に囚われないパフォーマンスの場所性と音楽への姿勢
  • 環ROYにとって仙台とは?レペゼン仙台とは言いづらいニュータウン理論
  • Northfields「仙台のカフェで文化をつくる」〈後編〉
  • Northfields「仙台のカフェで文化をつくる」〈前編〉
  • SEN.がスカイマーク機内誌『MARK!』で「仙台の歩き方」を案内
  • TAGS