珈琲がつなぐ東北と世界、資福寺の珈琲参杯

Coffee connects Northern Japan with the world,
“Drop-by for a coffee” in Shifuku Temple

雨上がりの5月のある日、北山の資福寺に続く階段を、一段ずつ登る。

「参拝」ならぬ「珈琲参杯」をするのだ。

真撃に美味しい珈琲を追求している、ロースターやバリスタが集うイベントが、お寺で行われるという。

One day in May, after the rain had stopped, I climbed the steps to Shifuku Temple in Kitayama. I had come to visit the temple for a drink. At this temple, there was a gathering of roasters and baristas who are passionate about coffee.

珈琲はお洒落なカフェで飲むのが当たり前だと思っていたから、意外すぎる組み合わせに、私は驚いた。

ところが、これがまた、とても合うのだ。

美しく趣のある枯山水の庭園や、春の青々とした竹やぶ、本堂の中に何枚も飾られているステンドグラスを眺めながら珈琲を味わう。

このシチュエーションが完璧すぎて、何度もため息が出た。
こんなに心和やかな良い気持ちになることはそうそうない。

I was surprised by the juxtaposition of drinking coffee at a temple, I felt that coffee was best enjoyed at a stylish cafe. However, they actually go well together. I tasted the coffee, while looking at a variety of stained glass in the main temple, the fresh green bamboo, and the beautiful Japanese rock garden. I immersed myself in the blissful environment. I’ve seldom experienced tranquility to such a degree.

珈琲を淹れる所作は、実に日本的だ。
同じ豆でも、淹れる人、場所、時間、空気で味が変わってしまう。
まるで茶道のよう!
だからこんなにも、お寺の雰囲気と珈琲の相性が抜群なのかもしれない。

The way of making coffee is quite Japanese. The taste of coffee changes depending on the atmosphere, where and when it is made, and who makes it. It is like a tea ceremony! I think that is why coffee and the atmosphere in the temple match each other very well.

「珈琲参杯」を東北の新しいカルチャーとして、海外に発信しようと企画した、カフェ バルミュゼットの川口さんにお話を伺った。

I talked with Mr. Kawaguchi who works in Cafe BAL MUSETTE and who organized “Drop-by for a coffee” to introduce it to the world as a emerging culture in the Tohoku region.

なぜお寺で珈琲のイベントを始めたのだろうか?

「畳の上にエスプレッソマシーンがあって、正座して珈琲を淹れている姿は、映像としてとても鮮度が高い。そういったエッセンスが入っていると、海外からの反応が早いんです。

食って生活の糧だから、何か美味しいものを求めて東北へ来て欲しい。
珈琲はその入り口でも会話のツールのひとつでもいい。

アジアの珈琲は台北、香港、そしてソウルなどで、今とても文化が進んでます。
珈琲を通して、海外の都市と行き来をしたり。
そこには仕掛け人がいる。
北欧やオーストラリアのメルボルンもそうだったように、ここでもそれができると思う。
東北の珈琲、すごい!と言ってもらいたいんです。」

Why did you start the coffee event in the temple?

“It is very a fresh, new experience to see someone making coffee with an espresso machine on a tatami mat. People from overseas react quickly to something that has such an impact. I want people to visit Northern Japan for something delicious since diet is a foundation of our life. I hope that coffee gives people a reason to visit Northern Japan or that it be a topic of a conversation. The coffee culture in Asia has been developing rapidly, in places such as Taipei, Hong Kong, and Seoul. People go back and forth between these cities for the best coffee. The coffee movement has been going from strength to strength in places like Northern Europe and Melbourne in Australia for a while now. I believe we can put Tohoku on the map as a coffee destination. I want people to say coffee in Tohoku is awesome!.”

最高の珈琲を求めて、海外から東北に人が集まる。
このイベントの様子から、そんな未来を容易に想像できる。

I can easily imagine the future, from this event, that people will visit Northern Japan for the best coffee.

なぜクオリティの高い仕事をする人たちばかりが集まったのだろうか?

「参加されるロースターやバリスタとは、密にディスカッションをしています。
アンバランスになってしまうお店がないように、お互いに気持ちを伝え合います。
各々何が必要か、持ち味をどうイベントにフィットさせるか考えます。
知らないセンスに出会えることもあります。
ある程度限られた空間を、どれだけ濃くしていくかということです。
クオリティ、品質、美意識、間違いない人たちが集まったと思います。」

How did this group of passionate coffee professionals come to meet in this way?

“I talked a lot with the roasters and baristas who joined the event. We discussed how to avoid having a shop that is unbalanced. Each one had to think about what they need and how they can fit their own taste to the event. Sometimes, you can come across a sensibility that you didn’t have. It is about how to get the most out of the limited space. I am sure that is why the people who strive for great quality and have a high sense of beauty gathered together.

オーガナイザーとして、場を提供するだけで終わるのではなく、
参加店と納得がいくまで向き合う姿勢に、このイベントの質があった。

The reason this event provides a chance to experience such good quality is that, as the organizer, he didn’t just organize the event, but also he discussed with the shops who took part until they are satisfied with what they were doing.

最後に川口さんはこうおっしゃった。

「古びたりしないように、アップデートしながら、
珈琲に携わる人間は、これからも進化をしていかなければいけません。」

In the end he said, “people who participate in the coffee industry need to make progress all the time and try not to be out of date.”

 

翻訳 Charlie Brown

WRITTEN BY
pon
仙台生まれの大学生。ゼミで、まちづくりについて学んでいる。両親が使っていたフィルムカメラを譲り受け、撮影の練習中。まちを歩きながら、レトロな看板や面白い看板を見つけるとつい撮ってしまう。荒町の喫茶店「ぴーぷる」のナポリタンが大好き!
POSTS
  • 魔法のカット
  • 点と点をつなぐインタビューvol.2 アースデイ東北 × SEN. 「仙台で、アースデイは文化になるのか。」
  • Book! Book! Sendai 10th
  • 真夜中に始まる若者の大行列
  • ワインは瓶に入ったお刺身?
  • TAGS