定禅寺通りと、ストリートダンス。

「杜の都」仙台市のシンボルともいえる定禅寺通り。
四季の変化を美しく映し出すケヤキ並木が、いつでも上品に迎えてくれる定禅寺通りだが、
もう1つの顔を持つのをご存知だろうか。

その顔とは、エレクトロンホール宮城の隣にあるストリートダンスの聖地「定禅寺ビル」である。

ある時、ダンスをやっている友人が
ショーケースの前日練をすると聞いたのでふらっと見にいったことがある。

日が暮れだした定禅寺通りの一角、
定禅寺ビルにストリートファッションに身を包んだダンサー達が
1人また1人と増えていく。

昼間ケヤキを映しだす定禅寺ビルのガラス張りの壁は、
若きダンサーがスキルを磨くための姿見となる。

定禅寺ビル前に来るダンサーはダンスイベントを直前に控える大学生から、
フリースタイルで踊りに来た上級者まで様々。
性別、年齢、ダンスのジャンルも違うダンサー達が、
踊りたいという共通点で集まり、夜を通して踊り明かすのである。

「どう?フリは順調?」と友人に聞くと、
「今からつくる!少しは寝たい!」とのこと。
まじか、、、。その姿勢がヒップホップ。

仙台のストリートダンス黎明期から「定禅寺ビル」は、
仙台のダンサーを見守り続けてきた。
この由緒正しい「ダンススタジオ」は、これからも、
仙台のダンスカルチャーを支え続けていくのだろう。

骨太なヒップホップビートに合わせ汗を流す友人に
近くのファミマで買ったmonsterを手渡し、僕は聖地を後にした。

WRITTEN BY
くろまめ
仙台と福島を行ったり来たりしている大学生。 学生らしい観点から仙台のカルチャーにアプローチする事を目指す。 大学からダンスを始め、日々骨太なhiphopビートで汗を流している。 最近の趣味は専らカメラで、隙あらば愛機pentax k-s2を持ち出しがち。 三度の飯より、、、いやおなじくらい定禅寺通りが好き。 中でもせんだいメディアテークをこよなく愛し、7階のフリースペースのヘビーユーザー。お気に入りの場所は6階の椅子。 ちなみにテレビはほぼ見ないが、好きな俳優はムロツヨシ。
POSTS
  • 魔法のカット
  • 点と点をつなぐインタビューvol.2 アースデイ東北 × SEN. 「仙台で、アースデイは文化になるのか。」
  • Book! Book! Sendai 10th
  • 真夜中に始まる若者の大行列
  • ワインは瓶に入ったお刺身?
  • TAGS