『カメラになった男 写真家 中平卓馬』上映会と座談会

小原真史監督作品『カメラになった男 写真家 中平卓馬』の一日限りの上映会がせんだいメディアテークで開かれる。
本上映会は、写真家の志賀理江子さん、『書本&cafe magellan』の店主・高熊洋平さんら、5人による活動『LONG HOPE MEETING』の企画。
小原真史監督を招いた座談の他、映画『日本国憲法』の無料上映も行われる。
カネイリミュージアムショップ6』(せんだいメディアテーク1F)と『書本&cafe magellan』では、関連するブックフェアを開催。先月6月30日には、中平卓馬氏の最後の新作写真集、『沖縄』が刊行されている。
写真集 『沖縄』中平卓馬

カメラになった男 写真家 中平卓馬 (2003年/カラー/91分)
1960年代から70年代にかけて、先鋭的な写真と言葉で「政治の季節」を牽引した中平卓馬は、写真家としてはスランプに陥り77年に病に倒れた。記憶と言葉の大部分を失うこととなったが、それ以降、写真を撮ることが生活のほとんどすべてとなった。本作では中平に3年間密着、横浜の自宅周辺を日々撮影する姿や失われた記憶をなぞるようにかつて訪れた沖縄へと向かう姿を追った。

監督・制作・編集・撮影/小原真史
主演/中平卓馬・荒木経惟・高良勉・東松照明・港千尋・森山大道 ほか
音楽/ブリジット・フォンテーヌ

日時
2017年7月9日(日) (10:00より全4回上映)

会場
せんだいメディアテーク7Fスタジオシアター(アクセス

料金
¥1,200(入替制、各回20分前より受付)

タイムテーブル
10:00- 『カメラになった男』 上映
12:30- 『カメラになった男』 上映
14:30- 『カメラになった男』 上映
16:20- 座談会
17:30- 『カメラになった男』 上映
19:20- 『日本国憲法』 (ジャン・ユンカーマン監督作品)無料上映

主催
LONG HOPE MEETING (TEL 080-3952-7430)
《LONG HOPE MEETINGとは…》
現在を生きる私たちの日々の気付きを共有する集まり。嘆いても仕方ないことに対し、よく学び、よく考え、実践するコミュニティをつくっていきたいと思います。
メンバー 志賀理江子 高熊洋平 菅原匠子 清水チナツ 長崎由幹

WRITTEN BY
SEN.
仙台の文化の点を線でつなぐ、カルチャーマガジン“セン”。 仙台の文化的な場所やひと、アートなどにフォーカスし、仙台の良さ、仙台らしさを発信すべく、活動の場を広げている。SEN.のウェブメディアでは、仙台に携わる人それぞれの視点で切り取った情報を発信。異分野の人同士がトークを展開する、「点と点をつなぐインタビュー」も配信中。
POSTS
  • 真夜中に始まる若者の大行列
  • ワインは瓶に入ったお刺身?
  • 1TO2BLDG「この場所は自分たちのためにつくった場所ではない」〈後編〉
  • 1TO2BLDG「この場所は自分たちのためにつくった場所ではない」〈前編〉
  • なんだかRockな気分、 mashroomの缶バッチピアス
  • TAGS