真夜中に始まる若者の大行列

「エルヴィン!」
 
本町によく行く古着屋があって、そこの店員さんが私に付けてくれた名前だ。
通うようになると私のからだや悩みを理解してくれて、自分では絶対選ばないジャンルの服も提案してくれる、一番信頼しているお店なのだ。
 
ここは、仙台の若者がこぞって集る、
店員さんたちと何気ない話ができるたまり場になっている。
 
年が明けて、2日目の朝から始まる50%オフセールを目指して、若者たちが日付の変わる時間から手をかじかませて並ぶ。
店員さんやここで知り合った沢山の仲間に新年の挨拶を交わしている。
真夜中に始まる若者の大行列は、本町ならではの新年の風景だ。
 
奥の物置からちらっと見えた福袋の山。
福袋ひとつひとつに、ここの店員さんたちに呼ばれている名前を記したお客さんの名札が付けられている。(もちろん私の名前はエルヴィン!)
福袋には、一着一着、お客さんを想像しながら選ばれた服たちが大きな紙袋にぎゅうぎゅうに詰め込まれている。
 
 

Utah VINTAGE USED Clothing
〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町2-9-16 阿部勝ビル1F


IORI Clothing by utah
〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町2丁目9-20 大永ビル1F


http://www.utah-tio.com/iori/

WRITTEN BY
ハッカ
仙台生まれの大学生。暑くても寒くてもおうちで一日中ごろごろはもったいない!一番のストレス発散はランニング。生け花も日課。クロスバイクで出かけて写真を撮るのも好きだけど、祖父母に貰ったフィルムカメラは使いこなせてない。本町にある大好きな古着屋で出会った店員さんたちは私のからだの一部!
POSTS
  • 真夜中に始まる若者の大行列
  • ワインは瓶に入ったお刺身?
  • 1TO2BLDG「この場所は自分たちのためにつくった場所ではない」〈後編〉
  • 1TO2BLDG「この場所は自分たちのためにつくった場所ではない」〈前編〉
  • なんだかRockな気分、 mashroomの缶バッチピアス
  • TAGS